日本人

מתוך איןציקלופדיה

קפיצה אל: ניווט, חפש


Attention niels epting 01.png 警告!
この値は、日本語で書かれています



Japaneseflag.jpg 警告-日本の!
あなたがしたいので、この値は、日本の値がされている. してください:
  • アニメを参照し。
  • 記事を読む漫画。
  • ちんぷんかんぷんな話を話す。
  • ご自宅近くの販売店への電気のアクセスが最も先進的な商品を購入する。
  • 食べる寿司
  • 実行切腹) あなたがゴート族をしている場合)
"九州にあたる九州"
~ 年以前には満 על 定ま
"מה זאת השפה הזאת?"
~ שבתאי צבי על יפנית
"מה זה סינית?!"
~ אלון מזרחי על יפנית
"アメリカ!"
~ יפני על יפנית

それを翻訳する上で良い!今のWebを使用せずに、かわいい子供たちは、そうでなければ我々はあなたを殺すでしょう!犯罪者!スカム!雌犬の息子!アーティストのダイ雌犬! 私は王だ、とあなたは?


事実上の公用語となっており、学校教育の「国語」で教えられる。使用者は、日本国内を主として約1億3千万人。日本語の文法体系や音韻体系を反映する手話として日本語対応手話がある。

[עריכה] 特徴

日本 は太平洋のどこかに浮かんでいる連邦制国家である。北海道の北海道 、本州と四国、九州にあたる九州 という3つの州、及び 種子島や琉球などの南西諸島や伊豆・小笠原諸島などといった自治領で日本国は構成されている。これより細かい行政区画に都道府県がある。以降しばらくの間、アメリカ合衆国の一部だったという黒歴史がある こちらを参照 。1945年以前には満州(関東州)、という州もあったが、中華帝国に奪われた。あそこは漢民族の土地じゃないのに。

[עריכה] 自立語

共通語のアクセントでは、単語の中で高から低に下がる場所があるか、あるならば何モーラ目の直後にあるならば何モーラ目の直後に下がるかを弁別する。あるモーラの直後でアクセントが高から低に下がるとき、そのモーラをアクセント核といい、アクセントが高から低に下がるところを下がり目またはアクセントの滝という。例えば「箸」は第一拍、「橋」は第二拍にアクセント核があり、「端」にはアクセント核がない。アクセント核は一つの単語には一箇所もないか一箇所だけあるかのいずれかであり、一度下がった場合は再び上がることはない。従って、高い拍は一拍だけか、連続した数拍かであり、離れた二箇所以上に現れることはない。例えば「高低高」や「低高低高高」というアクセントを持つ一つの単語は存在しない。また、共通語のアクセントでは単語の第一拍と第二拍の高低が必ず異なり、単語と単語の切れ目を分かりやすくする機能を担っている。すなわち、「低低」「高高低」などという型も存在しない。従って、下がり目の位置が決まれば、単語中の全ての拍の高低が定まり、名詞の場合は直後の助詞の高低も定まる。アクセント核が存在しないものを平板型といい、第一拍にアクセント核があるものを頭高型、最後の拍にあるものを尾高型、第一拍と最後の拍の間にあるものを中高型という。頭高型・中高型・尾高型をまとめて起伏式と呼び、平板型を平板式と呼んで区別することもあ

[עריכה] 型に本質的

上記の文は、いずれも 構造、すなわち主述構造をなす同一の文型である。英語などでは、それぞれ の文型になるところであるから、それにならって、1を名詞文、2を動詞文、3を形容詞文と分けることもある。しかし、日本語ではこれらの文型に本質的な違いはない。そのため、英語を学び始めたばかりの中学生などは、"I am happy." と同じ調子で "I am go." と誤った作文をすることがある。 文を主語・述語から成り立つと捉える立場でも、この2要素だけでは文の構造を十分に説明できない。主語・述語には、さらに修飾語などの要素が付け加わって、より複雑な文が形成される。文を成り立たせるこれらの要素を「文の成分」と称する。 学校文法では、文の成分として「主語」「述語」「修飾語」(連用修飾語・連体修飾語)「接続語」「独立語」、および、教科書によっては「並立語」を立てる。以下、学校文法の区分に従いつつ、それぞれの文の成分の種類と役割とについて述べる。

יפנית.JPG

日本語

[עריכה] 無題の文

このように、格助詞は、述語を連用修飾する名詞が述語とどのような関係にあるかを示す(ただし、「の」だけは連体修飾に使われ、名詞同士の関係を示す)。なお、上記はあくまでも典型的な機能であり、主体を表さない「が」(例、「水が飲みたい」)、対象を表さない「を」(例、「日本を発った」)、到達点を表さない「に」(例、「先生にほめられた」)など、上記に収まらない機能を担う場合も多い。

格助詞のうち、「が」「を」「に」は、話し言葉においては脱落することが多い。その場合、文脈の助けがなければ、最初に来る部分は「が」格に相当するとみなされる。「くじらをお父さんが食べてしまった。」を「くじら、お父さん食べちゃった。」と助詞を抜かして言った場合は、「くじら」が「が」格相当ととらえられるため、誤解の元になる。「チョコレートを私が食べてしまった。」を「チョコレート、私食べちゃった。」と言った場合は、文脈の助けによって誤解は避けられる。なお、「へ」「と」「から」「より」「で」などの格助詞は、話し言葉においても脱落しない。

題述構造の文(「文の構造」の節参照)では、特定の格助詞が「は」に置き換わる。たとえば、「空が 青い。」という文は、「空」を題目化すると「空は 青い。」となる。題目化の際の「は」の付き方は、以下のようにそれぞれの格助詞によって異なる。

כלים אישיים
דף זה בשפות אחרות